Event is FINISHED

トークイベント「無意味な時間の部屋」大池惣太郎×横田大輔

Description
横田大輔展「Room. Pt. 1」の関連イベントとして、トークイベントを開催します。

2009年に「1_WALL」からキャリアをスタートした横田大輔は、本展においてこれまでにない素材や手法を取り入れ、コンセプトの面でも新しい局面に移行しているといえます。

今回の制作プロセスはどのようなものだったのでしょうか。また、その根底にある興味や問題意識はいかなるものでしょうか。

フランス思想、ジョルジュ・バタイユ研究者の大池惣太郎氏をゲストにお迎えし、対話を通じて言語化を試みます。

参加無料

※複数の方でお申し込みの場合は、お手数ですが、お一人ずつのご予約をお願いいたします。
19:00よりご予約の方の受付を開始し、お越しいただいた順番でご案内いたします。
開始時間に10分以上遅れてしまいますと、お席がご用意できない可能性がございますので、ご了承ください。
キャンセルされる場合は、お手数ですがご連絡いただきますようお願いいたします。

大池惣太郎
1982年東京都生まれ。東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)」特任助教。法政大学ほか非常勤講師。専門は20世紀フランス思想・文学、表象文化論。主な共著にCahiers Bataille, n° 4(éditions les cahiers, 2019)、主な共訳書にホルヘ・センプルン『人間の仕事—フッサール、ブロック、オーウェルと抵抗のモラル』(未來社、2015年)など。

横田大輔
1983年埼玉県生まれ。日本写真芸術専門学校卒業。2010年、第2回写真「1_WALL」グランプリ受賞。Unseen Photo Fair にてOUTSET|UNSEEN Exhibition Fund を受賞(2013)。Photo LondonにてJohn Kobal Residency Awardを受賞(2015)、Foam Paul Huf Awardを受賞(2016)。
これまでに『MATTER/BURN OUT』『VERTIGO』『垂乳根』などを始めとする数多くの写真集を発行。主な個展に、Foam写真美術館での「Site/Cloud」(2014)および「Matter」(2017)、グループ展に「コラムプロジェクト トランスディメンション-イメージの未来系」(あいちトリエンナーレ2016)、「SHAPE OF LIGHT」(テート・モダン、2018)、「Painting the Night」(ポンピドゥ・センター・メス、2018-2019)など。
2016 年、写真家の北川浩司、宇田川直寛とともに「Spew」を結成し、ZINE の制作や音楽パフォーマンスなど幅広い活動を行う。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#440641 2019-06-05 01:53:35
More updates
Fri Jun 21, 2019
7:10 PM - 8:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
座席 FULL
Venue Address
Hulic Ginza 7chome Bldg B1F, 7丁目-3-5 銀座, 中央区 Japan
Organizer
ガーディアン・ガーデン
427 Followers